未分類

疲労回復に効果的。食べ物で日々の疲れを取る【肉体疲労編】

人は、疲労が溜まっているとなかなか仕事も捗らなかったり、遊びの時も楽しくありませんよね。疲労は、肉体疲労と精神的疲労があります。今回は、肉体疲労について食べ物で回復する方法を紹介したいと思います。

 

疲れやすい人と疲れにくい人

過去の研究では、肉体的な疲労は、疲労物質である乳酸が蓄積して起こると考えられてきました。しかし、最近の研究では、乳酸は疲労物質ではなく、ブドウ糖に代わるエネルギー代替物質でないかと考えられています。

 

最近では、活性酸素が疲労の原因ではないかと考えられているそうです。活性酸素は、運動によっても発生し、体の中を酸化させていきます。この酸化によって、酸化タンパク質や過酸化脂質が体内に増え、体内の情報伝達などを妨げて疲労感を感じる可能性があるという事です。

 

疲れやすい人と疲れにくい人の違いは、この活性酸素を体内で除去できる抗酸化力を持っているかどうか、という事になります。老化をしていってもこの抗酸化力も落ちていき、活性酸素が発生して疲れやすくなってしまうのです。

肉体的疲労を解消する栄養素は?

それでは、活性酸素を除去することが期待できたり、疲労回復に効果のある栄養素と、多く含まれている食べ物は以下の通りになります。

  • クエン酸→レモン、梅干し、キウイなど
  • アスコルビン酸(ビタミンC)→赤ピーマン、モロヘイヤや粉末として売られている事も
  • アップルフェノン→リンゴ(皮や種に多く含まれる)
  • コエンザイムQ10→イワシなどの青魚、ハマチの刺身、ブロッコリー、肉類
  • Dリボース→糖類。摂取するなら、主にサプリから摂る
  • 茶カテキン→お茶の苦渋成分。ポリフェノールの一種
  • ビタミンB1誘導体→豚肉、ベーコンなど

 

 

結構沢山ありますね。もし疲れを感じた時や、疲れを予防したい時に上記の栄養素を意識して摂ると効果的ですよ。