未分類

痩せるダイエットはどれぐらいの期間の継続が必要か解説

ダイエットを始めてもなかなか痩せることができないという人が多いと思います。

今回は、理論的に痩せる仕組みを踏まえたうえで、どれだけの期間続けるのが一番成功率が高いか紹介していきたいと思います。

痩せる仕組みとは

そもそもダイエットとは、中性脂肪を燃やすことを目的とし、健康を促進したり、きれいなプロポーションを得る為に行われるものです。

その燃焼させたい中性脂肪は、ただそのままにしておくだけでは燃焼しないため、運動や食事制限を行う必要があります。

つまり、摂取カロリー<消費カロリーという数式を保てれば、脂肪が燃焼し痩せます。

この中性脂肪の燃焼とは、運動によってエネルギーが必要になったりすると、交感神経の活動が活発になり、リパーゼが活動し、中性脂肪が遊離脂肪酸とグリセロールに分解することです。

どういった有酸素運動がオススメ?

基本的にお好みの続けられる有酸素運動を選択するのがベストです。

・ジョギング
・サイクリング
・縄跳び
・ダンス
・階段昇り降りなど

もし、科学的にきっちり行いたいのであれば心拍数が40~65%を維持するように運動を行いましょう。

最近では腕に巻くタイプの心拍計が売っていたり、腕時計で測定できたりするので、こちらを利用します。

なかなか痩せないという人は、次の原因が挙げられます。

・数か月間を続ける前にやめてしまう
有酸素運動は、最低30分以上、数か月間行う必要があります。もしこの数か月間がきつくて無理という人は、ジムに通いましょう。

・有酸素運動後は脂肪を燃焼してお腹が空くので、いつも以上に食べてしまう
ダイエット期間中は腹八分目で済ますことが重要です。

ただし、断食は一時的には痩せることができるかもしれませんが、筋肉を消費してしまうため、代謝が落ちてしまうため絶対にNGです(将来的な消費カロリーが減ります)。

間食を食べたい場合は、小魚、ササミなどの蒸した鶏、ゆで卵などを食べます。栄養価が高く、満足感が得られるものです。

・体形が崩れている人はそもそも筋肉のつき方が原因の場合も
例えば下腹がぽっこりしている→体幹が衰えている
簡単に体幹を鍛える運動法:日常生活の中で背筋を伸ばして下腹とお尻を意識し、いつもより大股かつ早足で歩くと良いです。

筋トレの効果とは

筋肉トレーニングは無酸素運動に該当します。

無酸素運動は、消費カロリーの効率が有酸素運動より悪いですが、筋肉をつけることによって、日々の代謝を上げる事ができます。

また、無酸素運動→有酸素運動の順に行うことにより、有酸素運動の効率アップも期待できます。

また、実際に運動して痩せるためには、統計上では短期集中型のダイエットが最も成功率が高いそうです。

その内容とは、期間は約3か月で-4~5kgのダイエットです。

もし目標をこれから立てるという人は、一つの目安になると思うので、参考にしてみましょう。

食品でもサポートをするなら

定期的な運動がダイエットに効果的ですが、運動だけでなく食品でもサポートをしたいという方のために、以下を紹介します。

・カフェテイン

これから本格的に運動をしてダイエットをしていきたい、日々の通勤などの基礎代謝量を増やしていきたいという方にはカフェテインがおススメです。

  • プロテインを飲むにしても効果的なものが良い
  • 日々の代謝量を上げていきたい

このような方におススメです。

※注意:定期便での購入の場合のみ、初回は\1,980(税抜)で購入が可能です。しかし、継続の約束はありません。一回のみの購入ですと、\5,980(税抜)+手数料の金額となります。

カフェテイン

 

・重ね発酵ハーブ茶

お茶の名産地である、静岡県で栽培されていまして、金賞を受賞している重ね発酵ハーブ茶がティーダイエットとして効果的です。

  • 運動は避けて食品で無理せずダイエットをしたい
  • 自然な原料にこだわりたい
  • ハーブティーでもキャンドルブッシュを使用していないものがいい

※注意:最初はモニターコースとして、初回は実質送料のみのキャンペーンを行っていますが、効果を実感して貰うため最低3回以上の継続が必要だそうです。効果が実感できない場合は、30日以内であれば全額返金保証が可能です。

インスタグラムでも投稿多数!重ね発酵ハーブ茶